ラグのカラー選び

ラグのカラー選びにお悩みですか?

<目次>

人気の床色と、ラグカラー
床と家具との相性を考える
「色」があたえる影響


ライムライムインテリアの店長高橋です!
こんにちは♪

今日は、とってもお問い合わせの多いラグの「カラー」についてのお話です。

ライムライムの最大の特長は、ラグのカラーリング。
カラー数が多いだけではなく、作り出すカラーにとってもこだわりを持っています。

新商品を作るときは、夜遅くまでカラーを話し合って
いっぱいカラーサンプルを出して
何度も試作をしてカラーを決めます。

だから店長高橋も、ライムライムのラグのカラーについては、愛情が普通じゃありません!
だってカラー決め、本当に大変なんだもの!

でも、
普通のブルーじゃイヤ!
普通のイエローじゃイヤ!!

と大騒ぎしながら
カラー決めのミーティングをしています。


でもこれだけカラー数があると
お客様が迷ってしまうのも事実。

このページでは、カラー決めのヒントになるように
お部屋の床の色と、家具の色と一緒にラグのカラーの相性を考えていきます。

この道のプロなわけではないので
あくまでも参考程度に、読んでくださいね。

たぶん私の主観が多く含まれてしまっています笑




まずは、一般的な床の色と、ラグのカラーを見てみましょう。
下の4つの床色に、ライムライムで扱うラグのカラーを乗せてみます。



ホワイト系の床は、そもそも部屋全体が明るい印象です。

ラグ色を引き立ててくれるので、
どんな色のラグを敷くかによって、ガラっと印象が変わります。

ナチュラル系にするのか?
西海岸系にするのか?
ガーリーにするのか?

ラグ1枚で、グっとイメージに近づけることが可能です。

高橋家はこれに近い色の床。
ラグはグレーを使っています。

定番色でスミマセンw



ナチュラル系はさすがです。
どんなカラーも程よく引き立ててくれる床色。

なんでも合いそうな感じがしますね。
逆にどの色にするか悩んでしまいます。


ブラウン系になると、少し床のインパクトが大きくなってきますね。
ちょっと男前インテリアな雰囲気になってきます。

でも使う家具の色や、ラグの色によっては
ナチュラル系、北欧風のお部屋にも変身してくれそうですね。


ダーク系だと、ヴィンテージな雰囲気が漂います。
明るい色が浮いてしまう印象です。

カッコいいお部屋が出来上がりそうな感じがしますね。


<関連リンク>
上記に使用しているカラーはこちらのラグ

低反発×高反発フランネルラグ(全20色)
低反発ラグ「フォレス」(全9色)







次は、床だけではなく、家具も含めた相性を考えていきます。

最近はインスタやRoomClipで、
普通のご自宅でもとってもオシャレなお部屋がいっぱい!

すごーく凝っているし
写真もキレイだし
センスがダダ漏れ。

生業にしている私たちよりすごい・・・
と思うことばかり。

とっても参考になりますよ。


ここからは、ライムライムスタッフが考えたコーディネートをいくつかご紹介。
撮影秘話と一緒にお話します。


ちょいちょい撮影するサンプルが足りなくて
妥協している部分も正直にお話します!

撮影ってタイヘンなんだな~
って思ってください笑



この撮影スタジオは、ヴィンテージなホワイトの床でした。

壁が薄いブルーだったので、海を感じるような明るい部屋にしたくて
白い家具と、明るいブルーのラグを合わせました。

ライムライムはラグを主役にしなくてはいけないので
パっとラグが目に入るようなコーディネートにしています。

ここでいきなり濃いブラウンなどを使ってしまうと
ラグだけが浮いてしまうかなと思います。

ナチュラル系のカラーも落ち着いた雰囲気になって合うと思いますよ。

とっても涼しげで、さわやかな部屋ができあがりました。

<関連リンク>
上記に使用しているラグ

低反発×高反発フランネルラグ(全20色)
130×190cm/Sサイズ/約1.5畳相当
ブリタニーブルー




これは、「働く女性の一人暮らし」をコンセプトに考えたコーディネート。

ナチュラルな雰囲気にしたかったので、床の色がちょっと濃いのが悔しいところです。

あと、カーテンが手に入りませんでした笑
本当はここに、アースカラーのカーテンを使いたかったです。

家具をすべてナチュラル系のカラーにして、
スツールやクッションで色を加えています。

そのためラグは主役ではなく、影武者に徹しています。
ラグは、万能なグレージュ。
地味っぽいけど、実は味わい深く、いい色です。

<関連リンク>
上記に使用しているラグ

EXマイクロファイバーラグ(全20色)
140Rcm(円形)
グレージュ




この部屋は、ライムライムのファッションリーダーS木さん考案の
ちょっと大人のガーリースタイル。

家具をアッシュ系、もしくは白っぽいものにそろえて
ラグにインパクトを持ってきています。
ラグはピーチベージュという、ちょっと渋いピンクです。

甘すぎずに、大人っぽい部屋に仕上がっています。

これも床の色が悔しいところですが
濃い目のブラウンなのが逆に落ち着いた印象になるのかもしれません。

床が白いと一気に明るい印象になりそうですね。


ピーチベージュが出来上がってきたとき
「この色は売れる!」と思いました。

今までのピンクとはぜんぜん違う、オシャレなカラーでした。
あんまりギトギトしたピンクが好きじゃないので
私好みの落ち着いたカラーです。
お部屋にも合わせやすい!

<関連リンク>
上記に使用しているラグ

EXマイクロファイバーラグ(全20色)
140×200cm/Sサイズ/約1.5畳相当
ピーチベージュ




ナチュラル系の床の画像を探したら
とっても古い写真になってしまいました。

ナチュラルな床に、ホワイト系の家具、イエローのラグを使って
明るいナチュラル系の印象です。

ちなみにこれ、
まだ撮影慣れをしてない、ウブな店長高橋の足です。

このときは、まだあまりカラーリングが多くない時代で
イエローは特殊なカラーでした。

この商品は廃盤になってしまってもうないですが
私はこのイエローが忘れられなくて、
一番人気の低反発ラグに、このカラーを作りました。

まったく同じ色には出来上がりませんでしたが
また違った、素敵なイエローができあがりましたヨ!

<関連リンク>
上記に使用しているイエローを
低反発ラグで作りました!

低反発ラグ「フォレス」(全9色)
190×190cm/Mサイズ/約2畳相当
ティーイエロー




ヴィンテージ系のホワイトの床に、ナチュラル系の家具を使って、ラグはライトブラウンです。

明るいですが、とても落ち着いた雰囲気。
ラグの上で寝そべることもできて、ゆったりとした時間が流れていそうなお部屋に。

窓は写っていないですが、カーテンが少し明るい色でもいいかもしれません。

<関連リンク>
上記に使用しているラグ

低反発×高反発フランネルラグ(全20色)
130×190cm/Sサイズ/約1.5畳相当
ライトブラウン

こちらも同じ色!
低反発フランネルラグ フォレス(全9色)
ライトブラウン




さて、一気に男前になりました。
ヴィンテージなダーク系の床に、ブラック系、濃い色の家具、ラグはグレーです。

この時は「ヴィンテージ」とか「西海岸風」、「男前インテリア」が流行っていました。

ソファがブラックなので存在感があります。
ラグは脇役に。
洋服でも同じことが言えますが、グレーは本当に使い勝手のいい色です。

男っぽくも、ナチュラルっぽくもなれる
いろんな雰囲気に対応してくれるカラーです。
濃い床の色にも馴染んでいます。

<関連リンク>
上記に使用しているラグ

低反発ラグ「フォレス」(全9色)
190×190cm/Mサイズ/約2畳相当
ストーンシルバー




これ、②と③の部屋と同じ部屋なんですよ~。
印象が全然違います。

この部屋は、「自分だけのこだわり書斎」をコンセプトに考えました。
店長高橋の理想!

ひたすら本に囲まれて
ゆっくり読んでのんびりできる部屋を作りたい!

でもそんなに大量の本が手に入らなかったことは一目瞭然ですw
本当は右側の棚を本でいっぱいにする予定でした。

あと、相変わらずカーテンが手に入らない・・・笑
カーテンをもっと濃い色にできたら、印象がさらに大人っぽくなったと思います。

一人掛けのソファと、ラグのブルーが印象的です。
部屋全体をダークに揃えているので、
デザインもののラグが程よく目立ってイイ感じ。

このラグは残念ながら廃盤で、もう販売していません。
お気に入りのラグだったのに~。





最後に、色が与える影響についてちょっとお話します。

視覚ってとっても不思議で、色は面積によっても色が変わります。
ライムライムは、5cm角くらいのカラーサンプルを、ご希望の方に送っています。

でも、5cm角で見る色と、実際のラグの色は印象が変わります。
大きな面積になると、色は明るく、強く見えるようになるので要注意です。

また、色によって部屋が広く感じたり狭く感じたりします。

濃い色は、明るい色に比べて狭く感じます。
部屋を広く見せるためには、明るい色を選ぶといいですが
天井や壁のバランスによってはラグが濃いほうが安定し、落ち着いた雰囲気になります。


とてもエネルギッシュな赤。
パワーのある色です。
刺激的で、気持ちを奮い立たせてくれるカラー。
クッションなどの小物で赤を取り入れるのは、インパクトがあって効果的です。

心理的にも活発になったり、気持ちが高揚したり、活動的になる色です。
廊下や食堂などにおすすめ。
>>レッド系のラグを探す
女性らしさといえばピンク。
やはり女性ホルモンの分泌を促すカラーのようです。
精神的に安定する効果があって、幸福感や安らぎをもたらしてくれます。
居間などにおすすめ。
>>ピンク系のラグを探す
成長ホルモンの分泌を促すカラー。
子供部屋などに良さそうですね!
食欲を増進してくれて、開放感のあるカラーです。
識別力や判断力を高めてくれるので、勉強部屋などにもいいですね。
ダイニングにもおすすめです。
>>イエロー系のラグを探す
喜び、開放感を強めるカラー。
元気の象徴みたいなカラーですよね。
運動神経を刺激したり、向上心を高める効果も。
オレンジも子供部屋によさそうですね!
こちらも食欲を増進してくれるので、ダイニングにおすすめ。
>>オレンジ系のラグを探す
グリーンは、リラックスのカラーです。
かつてラグではタブーと言われていたカラーですが、今や大人気!
自律神経の興奮状態を緩和したり、筋肉の緊張を和らげます。
安心感、安定感のあるカラーなので、リビング、寝室にもいいかもしれません。
>>グリーン系のラグを探す
ブルーのラグはずっと売れたことがありませんでしたが、西海岸インテリアが流行ったタイミングで大ブームに。
いわゆる寒色なので、心理的に温度を下げてくれるカラーです。
鎮静効果や、緊張を緩和してくれるので、ゆっくりとしたいリビングや寝室にもおすすめです。
>>ブルー系のラグを探す
身体を落ち着かせてくれる効果のあるカラーです。
インパクトの大きいカラーに思えますが、案外敷いてみるとお部屋に馴染みます。
大人っぽい印象にもしてくれます。
また、静寂、平穏効果も高めてくれます。
リビングにおすすめです。
>>パープル系のラグを探す



さて、ここまでいかがでしたでしょうか?
色選びのヒントになりましたか?

ライムライムでは、カラーサンプルをお送りすることもできるラグがありますので、
色に悩んだらいつでもお問い合わせくださいね!

でも、
「うちの部屋には何色のラグが合いますか?」という
いきなりの質問は困っちゃいますのでやめてくださいねww

<お問い合わせ>
ライムライムインテリア

 

◆MAIL shop@lime-lime.net 
◆TEL 0120-106-105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です