もうすぐ終了、在宅勤務。~新商品発表あります~

緊急事態宣言が解除され
6月から出勤することが決定しました。

在宅勤務は時間を有効に使えるので
働き方を考えるきっかけにはなりました。

その反面、会社に行ってみんなで顔を合わせながら
仕事をすることの大切さも改めて感じましたね。

ライムライムインテリア店長高橋です!
こんにちは~♪

すぐに今までと同じ生活というわけにはいきませんが
少しずつ日常が戻ってくることに喜びを感じます。


STAY HOME生活が続いて一番変わったことは
自分の動きが遅くなったことです…。

時間があるので、今までのようにせかせかと動くこともなく
一つ一つの作業を丁寧にやるようになりました。(良く言うとw)

あと、牛乳をこぼしたりしても
「あああ!もう!!」とか言わなくなりました笑

ひとまず一呼吸置いてのんびり片づけられます。

いいのか悪いのか…。
これから出勤になったときにいろんなことに間に合うのか不安です笑


さて、1か月以上家に籠っていたので
ベランダの花たちも季節が進みました。

今年はガクアジサイが1輪だけ花をつけました。
なかなかアジサイは難しいです。
去年3年ぶりに花をつけて喜んでいたら
今年はまた1輪…。
▼▼▼▼


ベランダで花を愛でていると
冒険に出てくるねこ店長。
▼▼▼

そっちは汚いからやめて、と言われて焦っているところです。
この後は部屋に真っ黒な足跡がつきます。。。

気温が上がってきたので
ひんやりシートを出したら大喜び・・・のねこ店長
▼▼▼

しっかりと避けてわざわざ狭いところに。

爪研ぎがボロボロだったので
新しい爪とぎ兼ベッドを買ってあげたら
ち、小さい!すまん!
▼▼▼

どうなってんねん、という表情。

注文履歴を見たら
「ガリガリソファ ミニ」と書いてありました…。
6.5kgにミニを買い与えてしまった。
▼▼▼

諦めの境地。

ソファとしての役割は諦めて、100%爪とぎとして
今はちゃんと活用されております。


結局お気に入りはビーズクッション。
全力で使いこなすねこ店長。
▼▼▼

どうやったらこんなに沈み込めるんだ。
これが、ねこをダメにするクッションです。

ビーズクッションで暑くなると
湯冷まし?に遠くのほうで伸びるねこ店長。
▼▼▼

尻部分がどうにもこうにもカワイイです。


最近困っているのは、窓際の収納BOXの上が気に入ってしまったこと。
完全に耐荷重オーバー。
メコってなってる…。
▼▼▼

やめて~そこで寝ないで~~
なんてことは猫に通じるはずもなく…。

今もこの場所ブームは続いています。
なるべく中に物を詰めるしかない。

私が在宅になったことによってストレスで両頬ハゲてしまったねこ店長ですが
(ひどい)
やっと毛が生えてきたところで、在宅終了になりました。

また生活リズムが変わってハゲたらどうしよう…。


さて、こんな感じで在宅を満喫していますが
新商品もアップしました。

かわいいので最後にご紹介。

ついに、猫デザインが登場!
▼▼▼

なかなか一筋縄ではいかない感じの
ブサカワねこさんたち。
すごく私好み!

かわいいキッチンマットです。

他にも北欧デザインが魅力的。
水拭きOKの厚手キッチンマットです。
▼▼▼

こちらはマチ/ホワイト。
白にネイビーのかわいらしい街デザイン。

ネイビーも魅力的。
▼▼▼

水分をこぼしてしまってもさっと水拭きできるので
お洗濯をしなくてもすぐにキレイ。

今大人気の「拭ける」キッチンマットです。
厚手タイプの10mm厚。
幅広60cmです。


どの柄もとってもかわいい!
ぜひぜひページを覗いてみてくださいね♪♪

水拭きOK!10mm厚のクッションフロアキッチンマット
サイズ/60×180、60×240、全4デザイン

ではでは、また~!

<お問い合わせ>
ライムライムインテリア

 

◆MAIL shop@lime-lime.net 
◆TEL 0120-106-105

「キッチンマット」は敷く?敷かない?

キッチンマット、敷く派?敷かない派?

<目次>

キッチンマットとは?
キッチンマットを敷く意味
おすすめのキッチンマット
猫が喜ぶ!?キッチンマット



お気に入りのチャムスのリュックで
ウキウキと出勤しましたが

なで肩なのでリュックを背負うのが大変。
ライムライムインテリアの店長高橋です!
こんにちは♪

どうしてもズリ落ちてくる・・・
どうしたらいいの!!

持っているリュック全てに、前パチって止めるやつつけようかな・・・。
小学生感漂っちゃうかな・・・。


さて、今日はキッチンマットのお話をしようと思います。
敷く派、敷かない派がいるみたいですが

ライムライムはキッチンマットをたくさん取り扱っているので
ぜひ使っていただきたい、というのが本音です。

敷かない派の人のきっかけになったり
どれにしようかお悩みの方のヒントになればいいな、と思います。



【キッチンマット とは?】

キッチンマットには、特に定義はありません。

長細く、キッチンの前に敷くのにちょうどいいカーペットやラグ、マットを
ライムライムでは「キッチンマット」というカテゴリーで販売しています。

でも一応、日本のおうちのキッチンのサイズに合わせて作っています。

これは240cm。
キッチンは大きめです。
▼▼▼▼


だから、「キッチンマット」と商品名に入っているものでも
廊下敷きに使ったり、ベッドサイドに使ってもいいのです。

廊下敷きに使っている例
▼▼▼▼

>>【店長ブログ】ワンちゃんのひじのハゲ&赤み対策に


ライムライムインテリアが
「キッチンマット」というカテゴリーで販売しているものは
主に
◆45cm幅
◆60cm幅

のマットです。
最近ではオーダーサイズが人気で
80cmや100cmのものをご注文いただいたりします。

広いキッチンなのですねw(゚o゚)w


個人的に、あまり料理することが好きではないから思うことかもしれませんが
家事で一番時間がかかるのって、料理な気がします。

うちの母のように料理好きだと、そうじゃないのかな笑
楽しそうにやってるもんな・・・。

そうなると、キッチンを広々とさせて気持ちよく料理ができるように
キッチンが広いおうちって多いのかもしれないですね。

一番人気のサイズは、60×240cm。
キッチンマットの中でも、売り上げは半分以上とダントツです。

<関連リンク>
240cmのキッチンマット




【キッチンマットを敷く意味】

キッチンマットを敷く意味は、いくつか考えられます。

①床の汚れを防ぐ
キッチン周りって、案外油が飛んでいるもの。
キッチンからけっこう離れたところまで、飛んでることってありませんか?

キッチンマットを敷くと、
敷いている部分の汚れは全てキッチンマットが受け止めてくれます。

私はそんなに料理をするほうではないですが
それでもキッチンマットをどかすと、フローリングの色がキレイなまま。
こんなサボり魔でも効果アリです。

賃貸なので大事かも・・・。

オーダーサイズを始めて知りましたが、100cm幅などの注文の方は
キッチンに敷き詰めているようですよ。


②足の疲れを軽減
お料理は、もう口にしなくたってわかる「立ち仕事」です。

お母さんがキッチンに立っている時間って
一体どのくらいなのでしょう??

私の母は料理が大好きなので
ヘタしたら1日中キッチンに立っています。

そうすると、絶対翌日腰が痛いと言います。

ライムライムでキッチンマットを買ってくださったお客様からは
「足の疲れが軽減されました」というレビューをよくいただきます。

母の日のプレゼントで、実はとっても喜ばれるんですよ。


③キッチンを華やかに
キッチンマットは、リビングなどに使うラグやカーペットとは違って
サイズも小さめ。

だから、ラグやカーペットでは選べない
華やかなカラーやデザインを選ぶ方も多くいます。

せっかくだから、とっておきの1枚を敷いてほしいですね。
気持ちも明るくなるし、キッチンに立つのが楽しくなります。

販売数を見ても
売れるカラーが、ラグ・カーペットと違うんですよね。

ちなみに、店内一番人気の「しあわせ低反発 フォレス」の

ラグの一番人気カラーは
「シルバーグレー」


キッチンマットの一番人気カラーは
「ティーイエロー」

※2019年直近4月の実績

キッチンマットは、ラグで諦めたカラーもチャレンジできるのかもしれません。
もちろん、ラグとお揃いのご家庭もとっても多いです。

<関連リンク>
低反発ラグ フォレス
低反発キッチンマット フォレス

カラー選びのヒント


キッチンマットなら、こんな柄でもそんなに気負わず使えます。
かわいくて人気です。モロッカン。
▼▼▼▼




【オススメのキッチンマット】

①汚れを防ぎたい方にオススメ

先ほどチラホラと話に出していますが
今人気急上昇中なのが、「オーダーサイズ」のキッチンマット。

幅は
40cm、60cm、80cm、100cmと4種類。
長さは
90~480cmの中であれば10cm単位。
※40cm幅は280cmまで

とキッチンに合わせて作れるので、とっても好評です。
なかなかないみたいですね。
オーダーサイズのキッチンマット。

しかも撥水加工のクッションフロアなので
汚れても水拭きができて、サっとキレイになるのです。


これだけ長さが選べるので、廊下敷きにもオススメですよ。

スリッパのまま使えるのもポイント。

機能別にEタイプ、Sタイプ、CESタイプと3つのタイプから選べます。
Eタイプは、全部で20柄に増えました。
柄を選ぶのも楽しいです。


>>クッションフロアのオーダーサイズ キッチンマット



②足の疲れを軽減したい方にオススメ

足の疲れを軽減するには
クッション性のあるキッチンマットがオススメです。

ふっくらとしていて衝撃吸収をしてくれる「低反発」は一番人気。
遮音性も高くて、パタパタと動き回っても大丈夫。

スリッパがいらない!!というお声多数。

>>しあわせの低反発 キッチンマット


また、
じわっと沈み込んで体圧分散をしてくれる「高反発」もとても人気です。

低反発のキッチンマットより若干厚みはないですが
高反発は「ほどよい厚みでしっかりとしたクッション性」がウリ。

厚すぎると、キッチンの下の引き出しが引っかかってしまったりするので
この高反発の厚みはちょうどいいと思います。

手洗いできるのもうれしいポイントです。

>>じわっと高反発 キッチンマット



どちらも、キッチンの引き出しがちゃんと開くか
確認してからご購入くださいね。


③キッチンを華やかにしたい方にオススメ
1日で長くいる場所だから、大好きなものを敷きたい。
という方も多くいらっしゃいます。

ここでは、
店長が個人的にものすごく気に入っている商品ご紹介します。

大好きだったのに廃盤が決定してしまいましたが
ふわっふわのマイクロファイバー×グラデーションの
とってもオシャレなキッチンマットがこちら

マイクロファイバーだから
足の裏がとても気持ちいいです笑
▼▼▼▼

>>グラデーション キッチンマット


こういうデザインなかなか見つからないんです
といううれしいお声いただきます。

またこういうの作りたいな・・・。



こちらは、今年の新作です!
老舗スミノエさんのイチオシ。

綿混のスッキリとした肌触りがイイ。
デザインも北欧インテリアにぴったりな1枚。

この厚みだと、私個人的にはスリッパで乗るのはアリな厚さです。

この擦れた感じがオシャレ。
▼▼▼▼

>>グリッド キッチンマット


ぜひ、キッチンマットで柄のものにチャレンジしてもらいたいです!



【ねこが喜ぶ?キッチンマット】

最後にちょっとだけ、ねこあるあるのお話。

私の部屋も小さいですがキッチンマットを敷いています。
ねこ店長は時々寝てるけど、リビングでくつろぐことが多いです。
そこまでお気に入りではなさそう。

私は小さな一人暮らしキッチンなので
50×100cmを敷いています。

こちらもキッチンマットとして販売してないのですが
我が家にはぴったりのサイズ。

しかもサンプルカラーで商品化されなかった色なので
この色を使っているのは私だけ。
店長特権。
ちなみに鮮やかなブルーです。
▼▼▼▼

>>マイクロファイバー パズルラグマット


姉宅にキッチンマットを送ると
たいてい感想は

「猫が気にいってる」
「猫が気に入っててキッチンマットに寝てて踏みそう」
「じゃま」

そんなのばかり。

姉宅に送っているのは、低反発のフカフカのやつだからなのでしょうか・・・。

姉宅のおばあちゃん猫。
なんと22歳!

おばあちゃんのいこいの場になってしまっていますが
邪魔かわいいです。
▼▼▼▼



すると

猫を飼う友人が、その問題の(?)低反発ラグを買ってくれました。

そして写真をくれました。
▼▼▼▼

おお・・・完全にくつろいでいる・・・。
(フキン落ちてますよ)


そこで寝るんじゃない笑
ラガマフィンのマフィン氏でした。



レビューでもよく
犬・猫、そして子供たち
が気に入っていて、キッチンマットで寝ています

と感想いただきます。

気持ちよすぎるのも問題なのかしら笑

みんながしあわせになっているということで
OKでしょうか?


猫が集まるキッチンマット、ぜひ使ってみてくださいね。


今日はこのへんで。
ではでは、また~♪


<お問い合わせ>
ライムライムインテリア

 

◆MAIL shop@lime-lime.net 
◆TEL 0120-106-105

ラグマットとは?

ラグマットとは、
1畳から3畳のもの(200×250cmくらいまで)をラグマット(もしくはラグ)、
それ以上のものを絨毯(カーペット)と呼んでいます。 

ただはっきりとした区別があるわけではないようです。


また、部屋全体に敷き詰めるものをカーペット、
敷き詰めずにアクセントとして置くものをラグを呼んだり、
手織りの絨毯をラグ、機械で織ったものをカーペット
と呼んでいる国もあるようです。

このように、国や文化によって呼び方が違うため
どれを使っても間違い、ということはありません。

結論から言えば、

◆ラグマット(ラグ)
◆カーペット
◆絨毯

この3つは同様のものです。

まず、カーペットと絨毯は英語と日本語の違いです。
英語ではカーペット、日本語では絨毯というだけの違いです。

でも日本ではなんとなく、
カーペットはリーズナブルで、絨毯は高価なもの
っていう認識がありますよね。

でも実は同じもの。
価格もピンキリです。

ちなみにラグマット、と言ったり、ラグと言ったりしますが
これもどちらも同じもの。

玄関マットやキッチンマットなどの小さいサイズのものを
「マット」と呼んでいるので
ラグ+マットでラグマットという名前ができたという説も・・・。

マットとラグの境目もあるわけではないですが
スタッフ内では、やはりサイズで呼び方を変えていますよ。

ライムライムでは上記の説明のように
部分敷きのものを「ラグ」
敷き詰める「畳」サイズのものを「カーペット」
玄関やキッチンにしく小さめのものを「マット」
と呼んでいます。

<関連リンク> 
ラグのサイズ選び

私も入社してすぐは、ラグってなあに?
と思っていました。

今ではだいぶ身近な存在になってきた「ラグ」。

外国では靴のまま部屋に入るので
耐久性の高いものが好まれるようです。

靴を玄関で脱ぎ、畳が主流だった日本人は、
やはり床生活を好みふわふわやふかふかな、
踏み心地のいいラグが多く販売されています。

日本人に産まれた私は
いくら靴のまま踏んでいいと言われても
フカフカなラグを靴では踏めないかも・・・

スリッパを履いたまま踏むのもちょっと憚られます(。-人-。)

ソファがあるのに、ソファの前の床に座ってる、
なんて人も少なくないはず。

そんな人にはやっぱりラグを敷いてほしいです。

魅力たっぷりのラグがたくさんありますので、
ぜひ当店を覗いてみてくださいね。

ライムライムのスタッフおすすめラグ
▼▼▼▼▼▼

>>当店のおすすめラグ。迷ったらまずココ!


>>敷き詰める幸せ。カーペット特集。


>>キッチンや玄関ももっとおシャレに。マット特集。