猫さんたちも快適、ルンバも快適♪♪

今はやりの「AYAトレ」を最近始めました。
筋トレは嫌いなのですが…

家の体重計が体内年齢まで出るのですが
それがせめて自分の年齢と同じになるまではがんばろうと思います。
(今はだいぶ上)

そのAYAトレのDVDに出てくる
トレーニングの見本&モニターの「さとこさん」
という方が

辛いトレーニングをいつも涼しげな顔でこなすので
「さとこさんめ…ただものじゃないな…!!」と思っていたのですが

レベル3になってから初めて疲れを見せ始めました。


わかる、わかるよさとこさん!!
でもすごいよ!!

と言いながら私は全然できていません。

テニスやってるくせに、腕立て伏せ3回しかできません。
ライムライムインテリア店長高橋です!
こんにちは~♪

しかも膝ついて3回です。
どうやってラケット振ってるんですかね。

さて、ペットと暮らす人のラグの選び方、使い方
第31回目です。

今日は

福岡県 くまい さんにいただいたケースです。

ご応募いただいた時点で
ねこさんたちの名前が衝撃的でした。

とってもかわいい2匹のねこさんたちです。
2匹とも神々しい。



◆名前◆
ねこねこだいまおうくん、もこもこだいまおうちゃん

◆猫種◆
スコティッシュフォールド

◆年齢◆
1歳9か月、7か月

◆性別◆
オス・メス

◆性格◆
温厚な二匹です。
いつも静かに暮らしてますが二人でかけっこも好きです。

◆お悩み・ご要望◆

今のカーペットはとにかく毛が付きます。
ルンバが上を走ってもとれずカーペットの繊維にひっかかってるみたいです。

部屋が1Kの為、猫の生活拠点もカーペットの上が多く寝る時もカーペットの上でヘソを天井に向けて寝ています。
猫も快適に過ごせルンバでお掃除できるカーペットがあると素敵だと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ねこねこだいまおう、もこもこだいまおう
と書いてあって、思わず2度見しました笑

なんて呼んでるんだろう…
というのが最初の印象。

私はねこねこさん、もこもこさんと呼ばせていただきます笑

どちらもかわいらしいだいまおうです。

ライムライムのラグはルンバの検証を行っていないので
ルンバを使っているご家庭のお声を聞きたかったのもあり
今回はモニターに選ばせていただきました。

最初ラグの色を選ぶとき
お部屋のお写真を送っていただきました。

カーテン、ソファ、壁の色も全部ブルーに統一した
本当にオシャレなお部屋でビックリ!!

ワンルームっぽいのにちゃんと猫が遊べるようにしてあって
憧れのお部屋でした。

今もブルーのラグを敷いている、とのことだったので
グレーはどうでしょう?と提案したところ承諾してくださいました。

ブルーとグレーはとっても相性がいいのでこれは、自信アリ!

おおお!
これが噂のルンバ様!
▼▼▼

実は、敢えて凹凸のあるラグをおすすめしてみました。
以前のラグは毛がべったりついて取れないとのことだったので
凹凸が掃除をしやしくしてくれないかな…?と思って…。

しかも凹凸のストライプがオシャレ感アップ。

オシャレなお部屋にかわいいねこさん。
ステキ~。
物が捨てられない私から見ると、憧れしかありません。
▼▼▼

ねことルンバの関係って面白いですよね。
時々ルンバに乗っている子がいるじゃないですか。

ちょっと憧れます。

くまいさんのおうちも、いい感じに共存していますね。
そんなに気にしていなさそう。
1枚目の動いてるときのお写真にはねこさんたちがいないから
動いているときは警戒しているのでしょうか??笑

ねこ店長はルンバに喧嘩売るタイプな気がするなあ。

▼▼▼

ラグに乗ってくれました。
もこもこさんも登場。


ラグの上で遊ぶ2匹。
▼▼▼

どちらもスコちゃんなんでしょうか??
スコってホントにいろいろいるんですね!
猫って不思議。

こんなに色も毛質も違う2匹だと、確かにお掃除は大変そうです。


ねこねこさんショット4連発
黒猫の魅力が溢れます。
▼▼▼

でもちょっとグレー交じりなところがオシャレですね。
ラグの色が似合う~~~♪♪かわいいいいいい♪♪

もこもこさん4連発。
いい表情をしてくれるもこもこさん。
▼▼▼

長毛なので確かにもこもこ!
そして表情が幼くてとってもカワイイ。

おなかモフりたいです。

今回は
ルンバが乗ってくれるのか
毛がべったりつかないか
など、ちょっと悩みましたが

敢えて凹凸のラグにしてみました。
このラグは初のモニターさんです!
▼▼▼▼▼

洗えるウレタン×高反発の2層 ストライプ フランネルラグ
AS-530
約130×190cm/ライトグレー

フランネルは無地のイメージですが
このラグはコーデュロイ調のストライプ風デザイン。

無地とはちょっと違った魅力があります。
この凹凸が、毛をべったりとつけずに済むかな??と思ってご提案しました。

凹凸が役に立つといいのですが…。

中材は洗えるウレタンと高反発ウレタンの2層。
なのでボリュームがあって、ご自宅で手洗いもOK。

衝撃を吸収してくれるので、遮音性あります。
裏面滑りにくい加工、床暖房対応、ホットカーペット対応の使いやすいラグです。

2019年の新作で、色合いもとってもオシャレなのでおすすめです。


◆感想◆

ルンバが掃除しやすく、猫が快適に過ごせるラグはないかと相談させてもらったところ、
この商品を紹介して頂きました。

やっぱりルンバを使用するとなると凹凸のないシンプルなラグを提案されるのかなと思いきや
まさかの凹凸のストライプに見えるラグでした。
シンプルなラグよりも少しオシャレにみえて素敵です。

毛足の長いラグはルンバが引っかかってしまうので
シンプルなラグしか敷けないと思っていたのでこれは嬉しいサプライズです。
ルンバも引っかからずに掃除してくれラグへの乗り降りも問題なくやってくれています。

また以前のラグよりもウレタンの厚み自体は薄くなっているのですが、
2層ウレタンと凹凸パイルのおかげか肌触りが良くふかふかで気持ちがいいです。

猫は変化の違いに戸惑ってはいるものの気持ちよさそうに寝てくれたので大変満足しています。
素敵なラグを紹介して頂きありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


こんなオシャレなお部屋の方に、提案したラグはどうかな…
とドキドキしていましたが
うれしいコメントいただけました!

とてもうれしいです。
ありがとうございます!




2匹も仲良く、快適に過ごしてくれますように…。
▼▼▼

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+

ペットと暮らす人ならではの
ラグの買い方、使い方

モニターさん募集中!!


>>詳しくはこちら

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+


ではでは、また~!

低反発と、高反発の違い

低反発ラグと高反発ラグって、どう違うの?

<目次>

低反発ウレタンについて
高反発ウレタンについて
低反発×高反発の魅力


ライムライムインテリアの店長高橋です!
こんにちは♪

今日は、「低反発」と「高反発」についてのお話です。

商品開発が強みのライムライム。
今まで誰も使ってない素材をラグに使うことが多々あるので

「それは一体なんですか?」
「今までとの違いはなんですか?」

と聞かれることもしばしば・・・


今回のお話は
「高反発ラグ」を発売したことによって多くなった問い合わせ

「低反発と高反発の違いってなんですか?」
「うちにはどちらがいいんですか?」

これらの質問が少しでも解決できるようなお話をします。




さて、まず、
低反発ウレタン、高反発ウレタン
どちらにも言えることですが

永遠にヘタらないものではありません。

空気を含んだ発泡体なので、
つぶしていれば、いずれはつぶれてしまうもの。

食器をあらうスポンジを想像していただけるとわかりやすいですね。
あれの上に座ったり、上を歩いたりしているのですから
ヘタりは避けられません。

使い方にもよりますが
個人的には1年くらいで買い換えるのが理想的と思っています。

早い!と思った方も、そんなに使えるの!?と思った方もいると思いますが
とにかく、高品質なものを低価格でご提供できるようにがんばります!

そして、ふかふかのときの使い心地は
なんとも言えない幸せな気分をお約束しますヨ。


ちなみに今
ライムライムでは、より長持ちするウレタンを開発中です。
少しでも長くお使いいただけるように、今試行錯誤中です。
どうなるかはわかりませんが、ご期待ください。


永遠に使えるウレタンができちゃうと
ラグ屋さんが潰れてしまうので
ある程度で買い替え、してくださいね笑





それではまず、「低反発」のお話です。

低反発は「じんわりと沈み込む」が特徴です。


上からかかる重さをじわ~っと染み込ませてくれるような感覚です。
この感触は低反発ならでは。

一度使うとやみつきになってしまう柔らかさです。

歩くとこんなに足跡つきます。
沈み込んでる感じがよくわかります。
気持ちよさそう~~♪♪
▼▼▼▼▼


低反発ラグのデメリットとしては

◆通気性が悪い
◆気温によって硬さが変わる
◆水を含むと重くなってしまうので洗えない

この3点が挙げられます。

寒いととっても硬くなり、暖かいと柔らかくなるのが低反発。
だから冬は部屋が寒いと硬く感じます。

また、水を含むと大変重くなってしまって危険なので
洗えない商品として販売しています。
乾かすのもとても大変。

長くお使いいただくには、定期的なメンテナンスが大切になってきます。


<関連リンク>
ラグのお手入れ方法

低反発ラグのメリットは

◆なんと言っても、柔らかな踏み心地
◆衝撃吸収性に優れているので、遮音性がある

ライムライムの低反発ラグは遮音性の試験をしています。
すると、数値ではもう枠外の遮音性を実証できました。

またこのやわらかな感触は、大人も子供も病みつき。
お子様が歩くようになって、転ぶから危ないというご家庭や
ペットが元気に走り回るご家庭にも、とてもオススメです。

<関連リンク>

◆ 低反発ラグはこちら




続いて、高反発のお話です。

高反発は「下からじわっと持ち上げる」が特徴。

よく寝具のマットレスで使われる素材です。


そのため、低反発のように沈み込むというよりは
弾力を感じるウレタンです。



こんな感じです。
下から支えてくれる感じ、わかりますか?

こうやって耐圧を分散してくれるのが、高反発の最大の特徴。
そのため、腰などへの負担が小さく
寝具に好まれる素材なようです。

高反発ラグのデメリットは
◆低反発と比べると、踏み心地が硬く感じる

でも決して硬いわけではないのです。
程よいクッション性と弾力で、気持ちがいいというご意見が多いです。


メリットは
◆耐久性・復元力がある
◆体圧分散性が高い
◆低反発より通気性がいい

通気性がいいという特長があるため、ライムライムの高反発ラグは、
手洗いOKにしています。

このような特長から
「ラグに最適なのでは??」と
高反発ウレタンのラグを開発したのです。

もちろん、遮音性も期待できます。


<関連リンク>

◆ 高反発ラグはこちら

ここまでの話だと低反発がかわいそうなので、補足です。

ライムライムの低反発ラグと高反発ラグは
そもそもの使っているウレタンの厚みが違います。

低反発ラグは15mm
高反発ラグは10mm

そのため、単純にボリューム感が違います。

とにかくボリューム!
という方には低反発がおすすめです。



さて、最後におまけの話。
低反発と高反発、決められない方必見です。


こちらは「低反発」と「高反発」の2層ウレタン。


じわ~っと沈み込む低反発の下に、しっかりと支えてくれる高反発をくっつけた
特許取得の2層ウレタンです。(特許第5601742号)

今までお話した低反発と高反発の魅力を全て凝縮した
究極のラグです!



もちろん遮音性もバッチリ。
ボリュームもたっぷり。
柔らかさも感じられて
底付き感もありません!

人をダメにするラグの登場です。

<関連リンク>

◆ 低反発×高反発ラグはこちら


あとはお好みで、好きなラグを選んでくださいね!
ではでは、また~


<お問い合わせ>
ライムライムインテリア

 

◆MAIL shop@lime-lime.net 
◆TEL 0120-106-105